FIGARO japon

掲載していただきました。
b0120278_15115096.jpg

b0120278_15205915.jpg


モノがたりのあるモノづくりの大きな一員のバッグたちです。
発売からいろいろ営業に回り、やっと注目されて来て、私は本当に嬉しいです。

「いま世界のためにできること」というタイトルは、万国共通の永遠のテーマだと思います。

SyuRoの店でも扱っている、jetminminさんも載ってます。
b0120278_15221496.jpg


SyuRoの店では、2011年に使われなくなってしまうブラウン管をリサイクルしたランプシェードがや、植木鉢や、ハンモックをリサイクルしたバッグが大人気です。戦争に使われるモノが、素敵なプロダクトになったとしたら、戦争もなくなるのではないか?というjetminminさんの意気込みがすばらしい。本人たちも本当に素敵な二人です。
b0120278_15224912.jpg

SyuRoで販売している植木鉢。

今日、そんなフィガロに掲載された白kotaのバッグに、小さなトンボがとまっていました。

b0120278_15245719.jpg


b0120278_1526419.jpg

なんかいいことありそう。
[PR]
by ma-unayama | 2009-08-04 15:26 | publish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syuro2007.exblog.jp/tb/11658295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 下町のよさ Meets >>