カテゴリ:work( 93 )
SyuRoオリジナルキッチンクロス

b0120278_15063581.jpg
b0120278_15064611.jpg
b0120278_15065696.jpg
SyuRoオリジナルのキッチンクロスが入荷いたしました

浜松で丁寧に織られたリネン100%の生地に

SyuRoの器に合わせたカラーの染めを施し

使い込んだくたっと感を出すために新潟で加工し

洗いにかなりこだわりました。


さらにベッドリネンを専門とする工場で丁寧に縫製しています。

食器拭きや手拭きはもちろん、ランチョンマットとしてもお使い頂けるサイズ。

すぐに乾くように、生地の厚みにもこだわり、SyuRoの食器との相性もぴったりです。

お色はホワイト、グレー、チャコールグレーの3色でご用意しています。

是非、触れてご覧くださいね。


[PR]
by ma-unayama | 2017-11-03 15:08 | work | Trackback | Comments(0)
2017グッドデザイン賞を受賞いたしました

この度、SyuRoの「角缶」が、2017グッドデザイン賞を受賞いたしました。

工場を引き継ぎ、これからの活動を進めて行く中で、とても励みになる受賞です。

いろんな方に日本の技術の継承や後継者問題をもっと考えていただけるきっかけづくりになればと思います。

是非、店頭でお手に取ってご覧ください。

http://www.g-mark.org/award/describe/44875


[PR]
by ma-unayama | 2017-10-24 17:43 | work | Trackback | Comments(0)
SyuRoの「角缶」販売を再開いたします

b0120278_18183134.jpg
b0120278_18183876.jpg
金属の板を折り込み、形を作るSyuRoの「角缶」。

ハンダでの溶接を行っていないのでつなぎ目は錆びにくく、角は叩いて丸みをつけ、触れた時のアタリが優しい仕上がりになっています。

またブリキ、銅、真鍮は金属によって硬さが異なるため、裁断や折り込む力加減は手仕事だからこそ出来るもの。そして使い込むほどに味わい深い表情へ変化していく。

一方でシンプルだからこそ作ることが難しく、見えない部分に職人の技と思いやりの詰まった缶です。


この缶は、職人さんの高齢化や後継者問題で、長い間生産がストップしておりました。

素晴らしい技術があっても後継者がいなければ、その技やモノは廃れて無くなってしまいます。

なんとかこの缶と技を次へ繋げていきたい。

そんな想いで、自分たちで缶を製作していくことを決意し、前職人さんから工場を引き継ぎ、SyuRoとして新しい職人を迎えることとなりました。


まずは角缶の「SS、小、大」の3サイズより注文を承ります。

また皆さんの手元にお届け出来ること、本当に嬉しく思います。

SyuRoは小さな会社ですが、そんな私たちの取り組みでも何か変えるキッカケになれたらと思っています。それぞれが自分たちで考えることで、少しでもこれからの世の中が変わるのではないか?そう考えています。


現在、こちらの商品に関しては受注を取らせて頂いております。

ご希望の方は、メールまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。

tel:03-3861-0675

mail:shop@syuro.info

b0120278_18203612.jpg

                 角缶(SS/ブリキ) W95×D65×H50 ¥1900

角缶(小/ブリキ) W100×D200×H50 ¥2,300

角缶(大/ブリキ) W125×D220×H60 ¥2,500

b0120278_18205975.jpg

                  角缶(SS/真鍮) W95×D65×H50 ¥3,200

角缶(小/真鍮) W100×D200×H50 ¥4,500

角缶(大/真鍮) W125×D220×H60 ¥5,000

b0120278_18211687.jpg

                  角缶(SS/銅) W95×D65×H50 ¥3,200

角缶(小/銅) W100×D200×H50 ¥4,500

角缶(大/銅) W125×D220×H60 ¥5,000





[PR]
by ma-unayama | 2017-10-23 18:24 | work | Trackback | Comments(0)
SyuRoオリジナルmovie
b0120278_14194045.jpg

SyuRoを日本や海外の方にさらに知って頂けるよう、オリジナルムービーを作って頂き

先日からYouTubeにてご覧頂けるようになりました。


SyuRoがある街はどんな所なのか。

SyuRoのお店がどんな空間なのか。

またどんな人たちが、どのようにしてSyuRoの商品を作っているのか。

ありのままを、とても素敵に写し取って頂きました。


URL

https://www.youtube.com/watch?v=B4AgTwv33wY


撮影:大沼ショージ

編集:蔵前映像部(清水徹・江口祐介)

音楽:青木隼人(シュロのある家にて)


是非、ご覧になってみてください。


[PR]
by ma-unayama | 2017-08-03 14:22 | work | Trackback | Comments(0)
INTERSECT BY LEXUS - TOKYO
b0120278_17454582.jpg

b0120278_1746244.jpg

SyuRoがデザインさせて頂いたグラスが
INTERSECT BY LEXUS - TOKYOの
CRAFTED FOR LEXUSにて販売がスタートいたしました。

もともとINTERSECT BY LEXUSのラウンジ用食器として誕生し、
「自宅で使いたい」との声を多くいただき商品化されたもの。
「飲み物をより美味しく味わえるグラス」を目指して型からつくりあげました。
ひとつひとつ丁寧に職人が吹き、削り、磨く手間ひまをかけることで、肌艶のよいグラスが生まれます。
さらに試行錯誤を重ね、口当たりの良い飲み口はもちろん、繰り返し使える強度も兼ね備えた
絶妙な薄さを追求しました。
「毎日をちょっと上質にするモノづくりを」という思いに磨かれたグラスは、使うほど味わい深い仕上がりです。

こちらのグラスはINTERSECT BY LEXUS - TOKYO限定商品となります。
様々なライフスタイルを彩るアイテムが揃ったCRAFTED FOR LEXUS。
ショップの他にもcafeやBISTRO、イベントなども定期的に開催しています。
是非、そちらにもお立ち寄り下さい。
[PR]
by ma-unayama | 2015-03-26 18:05 | work | Trackback | Comments(0)
MACHI cafe
b0120278_1245853.jpg

ローソンのMACHI cafeのオリジナルデザインの缶をSyuRoが手掛けさせて頂きました。
MACHI cafeの美味しさの秘密は素材選びから店頭のサービスまで
「ヒトテマ」かけているということ。

缶も「ヒトテマ」かけたモノづくりとして
紹介して頂いています。

期間限定のキャンペーンに応募すると
抽選で100名様にオリジナル缶セットが
当たります。
是非ご応募下さい。

職人さんの作業風景も紹介されています。
こうやって作るんだ!と一目でわかる
缶づくりの現場も合わせてご覧くださいね。
[PR]
by ma-unayama | 2014-05-09 12:07 | work | Trackback | Comments(0)
INTERSECT BY LEXUS TOKYO
8月末に青山にINTERSECT BY LEXUS TOKYOがオープンしました。
TOYOTA LEXUSさんが、新しい試みとして誕生したINTERSECT。
デザイン・ファッション・アート・音楽・テクノロジー。
多くのカルチャーが集う青山で様々な才能とLEXUSが巡り合い、
新しいライフスタイルを生み出していこうとするコンセプトショップです。

今回SyuRoは、そのテーブルウェア全体をプロデュースさせて頂くことになりました。

1Fには富ヶ谷のFUGLENさんのコーヒーがあり、BAKESHOPさん監修のペストリー。
どれも美味しいものばかり。
2Fは、ラウンジと一角には「CRAFTED FOR LEXUS」があります。
SyuRoにほど近い東京銀器を製作している上川さんにキートレイ、作っていただきました。
sashikiさんの帽子や、素敵なシャツなどほしいものばかりです。

メインは、三宿と現代美術館のレストランを経営している田島大地さん監修のラウンジがあります。
田島さんの美味しい料理はもちろん、マネージャー開発のオリジナルのソーダも見た目も美しく、どれもが本当に美味しいです。


昨年の9月ロンドンから1本の電話があり、2Fにオープンする「CRAFTED FOR LEXUS」にオリジナルの商品を作ってほしいと依頼がありました。とても光栄なことだとお引き受けしたことから始まりました。
デザインしたり、選んだりと膨大な量と格闘しながら、本当に楽しませていただき、
たくさんの職人さんにご協力いただき、無事オープンすることができました。
器から、トレイ、カトラリー、グラス、細かい備品に至まで、試行錯誤の連続です。
カジュアルすぎず、高級すぎず、男っぽすぎず、女性すぎず、ギリギリのライン。
それが、SyuRoというフィルター通します。

ありとあらゆる職人さんや作家さんに助けていただきました。

ウッドは、SyuRoでいつもお願いしている指物職人の益田さん、北海道旭川の谷さん、monokraftの清水さん。何度も何度も試行錯誤していただき、形にしていただきました。納期の無い中、寝ないで作ると言ってくださった心意気、本当に感謝いたします。

器は、イイホシユミコさんにご協力いただきました。
イイホシさんに1点1点作っていただいたコーヒープット。
エアロプレスを頼むと素敵なポットで出てきます!それからメインの皿やボウルは、
私がこうしてほしいという形に相談に載って頂き、一つ一つ形にして頂き、一緒にデザインしました。
一緒にデンマークやパリなどで一緒に見てきたいい物を共有したりし、
何度も有田にも一緒に行き、たくさんの技術を見せていただき、無理難題をたくさん言い、最後まであきらめずにして頂きました。本当に感謝しつくしてもつくせません。

器は、多治見でも作りました。たじつさんは、納期の無い中しかも無理と言われたことを
最終、本当に素敵に仕上げていただきました。

金属は、新潟の水野さん、田島さん、SUS の鶴本さん、墨田区の千葉さん、坂入さん。数えきれないサンプル製作。ほんの数ミリの違いを、何度も何度も毎日遅くまでつきあっていただきました。

ガラスは、松徳硝子さんにオリジナルを。
そして、木村ガラスさんには、本当にたくさんの数々の相談に載って頂きました。

皆様本当にありがとうございました。

他にもたくさんのたくさんの職人さんにご協力いただきました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

ただ、まだまだ終わりではないです。
これからも引き続きいろいろなモノ作りを一緒にしていけたらと思っております。
[PR]
by ma-unayama | 2013-11-10 13:53 | work | Trackback | Comments(0)
CRAFTED FOR LEXUS
素敵なデザインや道具は、日常の中にあるべきだと思います。
反対に日常ということを大切にできるようなデザインや道具でなければいけないと思っています。
まだまだ私の力では足りなくて、まだまだこれからたくさん学ぶことがたくさんあるけれど、
SyuRoが立ち上がってから、ずっと変わらずに思っている事です。
日常の生活の中での、1輪飾られた野の花のように・・・。
ずっとそう思って、モノ作りを続けています。

今年行ったデンマークではそれが日常生活に溢れていました。
だれもが普通の生活を大事にし、だれもが何でも楽しもうと感じられました。
文化の違いなのでしょうか。その心意気がすばらしいと感動しました。

日本にも同じような思いやりや、心意気があると思っています。

今回、CRAFTED FOR LEXUSというプロジェクトに関わらせて頂きました。
SyuRoでは、下町の伝統的な工房で作られたキートレイを作りました。
また商品のこと詳しくアップして行きます。

LEXUSさんは、みなさまご存知のようにとても素晴らしいモノづくりをされています。
隅々までの気配り、コト、モノ、そして人。
心意気は、変わらずとても共感できるものがたくさんありました。
今回ご一緒にお仕事することができて、光栄に思います。
いつまでもそんな思いやりと心意気を忘れないように精進していきたいと思います。

Products that design your everyday life.
Authenticity to be treasured.
Inspired by Lexus philosophy,
a new generation of Japanese artists creating items of timeless beauty.
Traditionally crafted, yet new. Innovative, yet familiar.
Adding finesse and function to your lifestyle.
Crafted for Life.
[PR]
by ma-unayama | 2013-05-30 15:23 | work | Trackback | Comments(0)
ちゃんと使えるデザイン
東京ミッドタウンで昨年行われた【ちゃんと使えるデザイン selected by 平林奈緒美】にSyuRoのブリキ缶を選んでいただいておりました。
知らずに半年が過ぎておりました。。。。。見に行きたかった。。。
半年遅れのアップをお許し下さい。。。
[PR]
by ma-unayama | 2012-07-17 08:52 | work | Trackback | Comments(0)
新しいプロジェクト
b0120278_10355298.jpg
b0120278_10321041.jpg
b0120278_10315713.jpg
b0120278_10295999.jpg


台東区の福祉作業所でつくられている【さをり織り】という生地を使って、新しく商品を展開しています。手間ひまかけられて、不自由な身体でも一生懸命作られた反物は、ほんとに素敵な風合いです。
その生地を使い商品に仕立てました。手始めは、ポーチ!このなんともいえない風合いは、世界に一つの柄となっています。このモノマチから販売開始です。数に限りがありますので、是非どうぞー。
[PR]
by ma-unayama | 2012-05-26 10:35 | work | Trackback | Comments(0)